Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア

株式会社groovesです。『より良い未来への「きっかけ」を提供する』というミッションを掲げ、豊かで幸せなヒトの未来に貢献したいと考えています。 私たちは、これまで多くの求人企業様の採用課題を解決してきました。 皆さまの中途採用に少しでもお役立ちできる情報を発信できると幸いです。

Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア

株式会社groovesです。『より良い未来への「きっかけ」を提供する』というミッションを掲げ、豊かで幸せなヒトの未来に貢献したいと考えています。 私たちは、これまで多くの求人企業様の採用課題を解決してきました。 皆さまの中途採用に少しでもお役立ちできる情報を発信できると幸いです。

    マガジン

    • Grooves With

      「Grooves With」は、グルーヴスを少しでもみなさまに知ってもうらため、 「グルーヴスではどんなひとが活躍しているの?」 「今話題の〇〇について、グルーヴスのひとはどう考えているの?」 「グルーヴスのひとの働き方ってどんな感じなんだろう?」 といった情報を頑張って発信していきたいと思います! みなさま、これからどうぞよろしくお願いします。

    • Grooves JAM

      株式会社Groovesの社内報「Grooves JAM」です。オープン社内報として発信することで、社外の方も気軽にGroovesのカルチャーや取り組みを知ることができるよう情報をお伝えしていきます!

    • デザイン戦略室

      株式会社grooves(グルーヴス)デザイン戦略室のマガジンです。デザイン戦略室がどんな組織か、どんな取り組みをしているか、などの情報を発信していきます!

    • プロダクトチームについて

      Groovesのプロダクトチームの書いた記事です。

    Grooves With

    「Grooves With」は、グルーヴスを少しでもみなさまに知ってもうらため、 「グルーヴスではどんなひとが活躍しているの?」 「今話題の〇〇について、グルーヴスのひとはどう考えているの?」 「グルーヴスのひとの働き方ってどんな感じなんだろう?」 といった情報を頑張って発信していきたいと思います! みなさま、これからどうぞよろしくお願いします。

    すべて見る

    Macがくるくる循環する?! 総務・労務チームによる従業員想いの取り組み、"まっくる"の全貌に迫る。

    こんにちは!Grooves+(グルーヴスプラス)編集部です。 この記事では、グルーヴスの総務・労務チームが企画・運営を担当した従業員想いの取り組み、その名も”まっくる”についてご紹介します。 “まっくる”とは?グルーヴスの取り組みの1つ、“まっくる”とは、つい最近まで業務で活躍していた、まだ使えるMacBookを廃棄するのではなく、希望する従業員に社内販売する制度のこと。 グルーヴスで使用されているPCは100台以上ありますが、その9割以上はMacBookです。これらのMa

    スキ
    26

    会社の長期休暇制度を活用して見えた、ライフワークバランスの話。

    Grooves(グルーヴス)にてエンジニアとして勤務しているKと申します。2022年8月で、グルーヴスに入社してから満4年となりました。 4年間健康的に勤務し続けておりましたが、仕事とは別の『やりたいこと』を見つけた私は、新たな挑戦として2022/04/01〜 2022/06/30 の3ヶ月間、無給の休暇制度である『ディスカバリー90(以下、D90)』を取得しました。 長期休暇を実際に過ごした私の感想をまとめます。長期休暇制度のメリットやデメリットについて知りたい方の参考にな

    スキ
    25

    Groovesは子育てしながら働きやすい?エンジニアリングマネージャーのリアルを聞いてみた

    こんにちは! グルーヴス エンジニアの福井です。 みなさんの身近に子育てしながらエンジニアとして働いている人はいますか? グルーヴスにも多くの子育て社員が在籍しており、エンジニアメンバーも子育てしながら日々高いパフォーマンスを発揮して活躍しています。 これから子育てされる予定のある方、あるいは既に子育て中でより良い環境を求めて転職活動をされている方にとっては「育児しながら働きやすいかどうか」というのはかなり大きなポイントですよね。 特にエンジニアは日進月歩で変化する技術トレ

    スキ
    33

    フットサルと餃子をとことん楽しむ!〜Groovesフットサル部の流儀〜

    Grooves(グルーヴス)には、さまざまな福利厚生の中に、Activity補助制度*というものが存在しており、様々な部活動や社内交流イベントの活動費用を補助しています。 今回はそんな数ある部活動の中から、歴史ある「フットサル部」の活動についてご紹介させていただきます。 フットサル(と餃子)を愛した者たちフットサル部と聞くと結構「ガチ勢の集まりか!?」と思ってしまいますが、グルーヴスのフットサル部は一味違います。 なぜなら、フットサルと餃子を楽しむ部活として誕生していて、今

    スキ
    23

    Grooves JAM

    株式会社Groovesの社内報「Grooves JAM」です。オープン社内報として発信することで、社外の方も気軽にGroovesのカルチャーや取り組みを知ることができるよう情報をお伝えしていきます!

    すべて見る

    Macがくるくる循環する?! 総務・労務チームによる従業員想いの取り組み、"まっくる"の全貌に迫る。

    こんにちは!Grooves+(グルーヴスプラス)編集部です。 この記事では、グルーヴスの総務・労務チームが企画・運営を担当した従業員想いの取り組み、その名も”まっくる”についてご紹介します。 “まっくる”とは?グルーヴスの取り組みの1つ、“まっくる”とは、つい最近まで業務で活躍していた、まだ使えるMacBookを廃棄するのではなく、希望する従業員に社内販売する制度のこと。 グルーヴスで使用されているPCは100台以上ありますが、その9割以上はMacBookです。これらのMa

    スキ
    26

    グルーヴス取締役・共同創業者に聞いた、グルーヴスが目指す、すべての人に『より良い未来への「きっかけ」を提供する』世界とは。

    こんにちは!grooves With編集部です。 グルーヴスでは、全国の人材紹介会社と求人企業を結ぶプラットフォームの「Crowd Agent(クラウドエージェント)」、エンジニアに特化した、スキルアップ・キャリアアップ支援プラットフォームの「Forkwell(フォークウェル)」を通じて、“はたらくヒトと、未来を拓く。” をビジョンに、WorkTech の領域で事業を展開しています。 今回は、グルーヴスの共同創業者にして、ぶっちゃけ、親しみ担当の取締役・大畑貴文に、弊社の

    スキ
    26

    フットサルと餃子をとことん楽しむ!〜Groovesフットサル部の流儀〜

    Grooves(グルーヴス)には、さまざまな福利厚生の中に、Activity補助制度*というものが存在しており、様々な部活動や社内交流イベントの活動費用を補助しています。 今回はそんな数ある部活動の中から、歴史ある「フットサル部」の活動についてご紹介させていただきます。 フットサル(と餃子)を愛した者たちフットサル部と聞くと結構「ガチ勢の集まりか!?」と思ってしまいますが、グルーヴスのフットサル部は一味違います。 なぜなら、フットサルと餃子を楽しむ部活として誕生していて、今

    スキ
    23

    メンバーは何を語る?フォークウェル10周年キックオフをレポート!

    こんにちは。Grooves With 編集部です。 今年の4月でサービス誕生から10周年を迎えたForkwell(フォークウェル)。 先日10周年企画として、フォークウェルグループメンバーが参加したキックオフ「Forkwell 10th KICK OFF MTG ~未来のフォークウェルを考える日~」が実施されました! 今回はキックオフの様子をお伝えします! 10周年になぜキックオフをするのか?10周年企画といえば、過去10年を振り返りこれまでを讃えることが多いと思います

    スキ
    24

    デザイン戦略室

    株式会社grooves(グルーヴス)デザイン戦略室のマガジンです。デザイン戦略室がどんな組織か、どんな取り組みをしているか、などの情報を発信していきます!

    すべて見る

    デザイナーが1→3人に増えて、見えてきた属人化課題

    こんにちは。株式会社 grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナー(UIデザイナー)をしている横田です。 私がグルーヴスにジョインし、Forkwell(フォークウェル)チームでプロダクトデザイナーとして働き始めて2年と3ヶ月が経ちました。 この間に、なんと2名もデザイナーがジョインしてくれました! デザイナーとしてできることが増え、チームとしてレベルアップできたと同時に......ある課題が。 この記事は、デザイナーが増えた喜びの中で出てきた「属人化」という課題に向き

    スキ
    16

    使えない機能をデザインしてしまったことからの学び

    こんにちは。株式会社grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナーをしているイハラです。 私は、HR×テクノロジー領域で、全国の人材紹介会社と求人企業をつなぐ、国内最大級のクラウドサービス「Crowd Agent(クラウドエージェント)」のプロダクト開発をしています。 今回は「使えない機能をデザインしてしまった話」を紹介しようと思います。 タイトルからは悲愴感が漂っていますが、デザイナーとして、開発チームとして、とても学びになったので、ぜひこの経験をシェアしたいと思いま

    スキ
    31

    メンバーは何を語る?フォークウェル10周年キックオフをレポート!

    こんにちは。Grooves With 編集部です。 今年の4月でサービス誕生から10周年を迎えたForkwell(フォークウェル)。 先日10周年企画として、フォークウェルグループメンバーが参加したキックオフ「Forkwell 10th KICK OFF MTG ~未来のフォークウェルを考える日~」が実施されました! 今回はキックオフの様子をお伝えします! 10周年になぜキックオフをするのか?10周年企画といえば、過去10年を振り返りこれまでを讃えることが多いと思います

    スキ
    24

    顧客からもセールスからも頼られるプロダクトへ。全国のリモートワーカーも集結したプロダクトキックオフ ミーティングの様子をレポート!

    こんにちは! Grooves(グルーヴス) エンジニアの福井です。 最近、グルーヴスでプロダクト開発に関わっているメンバーにとって、過去最大級の組織変革が行われました。それが「プロダクト組織の再構築」です。 2009年にグルーヴス初のプロダクトがリリースされて以来、様々な個性を持ったエンジニア・デザイナー・プロダクトマネジャーが参画して数々のプロダクトが生み出されてきました。 元々人材紹介会社がベースとなって事業展開を行っていたグルーヴスでは、これまで良くも悪くもセールス

    スキ
    21

    プロダクトチームについて

    Groovesのプロダクトチームの書いた記事です。

    すべて見る

    デザイナーが1→3人に増えて、見えてきた属人化課題

    こんにちは。株式会社 grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナー(UIデザイナー)をしている横田です。 私がグルーヴスにジョインし、Forkwell(フォークウェル)チームでプロダクトデザイナーとして働き始めて2年と3ヶ月が経ちました。 この間に、なんと2名もデザイナーがジョインしてくれました! デザイナーとしてできることが増え、チームとしてレベルアップできたと同時に......ある課題が。 この記事は、デザイナーが増えた喜びの中で出てきた「属人化」という課題に向き

    スキ
    16

    使えない機能をデザインしてしまったことからの学び

    こんにちは。株式会社grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナーをしているイハラです。 私は、HR×テクノロジー領域で、全国の人材紹介会社と求人企業をつなぐ、国内最大級のクラウドサービス「Crowd Agent(クラウドエージェント)」のプロダクト開発をしています。 今回は「使えない機能をデザインしてしまった話」を紹介しようと思います。 タイトルからは悲愴感が漂っていますが、デザイナーとして、開発チームとして、とても学びになったので、ぜひこの経験をシェアしたいと思いま

    スキ
    31

    会社の長期休暇制度を活用して見えた、ライフワークバランスの話。

    Grooves(グルーヴス)にてエンジニアとして勤務しているKと申します。2022年8月で、グルーヴスに入社してから満4年となりました。 4年間健康的に勤務し続けておりましたが、仕事とは別の『やりたいこと』を見つけた私は、新たな挑戦として2022/04/01〜 2022/06/30 の3ヶ月間、無給の休暇制度である『ディスカバリー90(以下、D90)』を取得しました。 長期休暇を実際に過ごした私の感想をまとめます。長期休暇制度のメリットやデメリットについて知りたい方の参考にな

    スキ
    25

    事業責任者が語る。求人プラットフォーム『Crowd Agent(クラウドエージェント)』が目指す、企業・人材紹介会社・求職者の幸せなマッチング

    こんにちは!grooves With編集部です。 「どこではたらくか」から「何をするか」。個人のキャリアを重視する”新しいはたらき方”の時代を迎え、企業間、地域間の人材流動性に注目が集まっています。そうした変容する社会のニーズに応じて、優秀な人材を求める全国の求人企業と、人材紹介会社をつなぐ役割を担っているグルーヴスのプロダクト『Crowd Agent (クラウドエージェント)』について、事業責任者である根来 啓輔に話を聞きました。 根来 啓輔(Keisuke Negor

    スキ
    15