見出し画像

Macがくるくる循環する?! 総務・労務チームによる従業員想いの取り組み、"まっくる"の全貌に迫る。

こんにちは!Grooves+(グルーヴスプラス)編集部です。
この記事では、グルーヴスの総務・労務チームが企画・運営を担当した従業員想いの取り組み、その名も”まっくる”についてご紹介します。

“まっくる”とは?

グルーヴスの取り組みの1つ、“まっくる”とは、つい最近まで業務で活躍していた、まだ使えるMacBookを廃棄するのではなく、希望する従業員に社内販売する制度のこと。
グルーヴスで使用されているPCは100台以上ありますが、その9割以上はMacBookです。これらのMacBookは、たとえリユース品であっても、誰かにとって生活や趣味、学びに有効活用され、価値あるものとして資源が循環するかもしれない。という考えの下、”Macがくるくる循環する”を略して”まっくる”と名付けました。

販売する中古PCをオフィス内に展示し、メンバーは展示を見て欲しい商品が見つかったら専用のスプレッドシートに名前を記入。希望する商品がかぶってしまった場合は、購入権をかけて厳正な抽選が行われます。遠方在住でオフィスに出社ができないメンバーも展示された商品を確認できるよう、オンラインでの確認会も実施しました。
より多くの希望者に販売ができるよう、購入は一人3台までの制限を設けました。

なぜ、実現できたのか?

企画立案の経緯

“まっくる”が発案されたきっかけは、業務用PCの大規模リプレイスでした。ちょうど3〜5年前に従業員が一気に増えたタイミングがあったので、業務で3〜5年使用したMacBookから、ちらほらと故障が出るように。しかし、業務に問題なく使用できている、綺麗に使えている端末もたくさんありました。
もちろんそのまま専用の業者に下取りに出したり、廃棄するという選択肢もありましたが、中古品として安く従業員に提供できないか?という声が上がります。

総務・労務チームの従業員への想い

”まっくる”の実現と成功には、グルーヴスの総務・労務チームの従業員に対する”想い”が大きく関わっています。
一般的に総務と呼ばれている職種の仕事内容というと、備品管理や施設管理のほか、福利厚生の整備や社内イベント企画、各種書類の作成・管理など、会社全体の幅広い業務に携わるのが特徴です。グルーヴスの総務・労務チームも、もちろん会社運営をスムーズにすることと、従業員が気持ち良く働けるよう環境を整備することなどに尽力していますが、特に「従業員に楽しんでほしい」「従業員を喜ばせたい」という強い想いを持っています。
そしてまた経営陣も、発案者や企画者のこういった想いを汲み取り、同じように「従業員に楽しんでほしい」「従業員を喜ばせたい」と共鳴し、イベント実施にOK(許可というよりむしろ、GO!)を出してくれました。

今回の”まっくる”も、ただ単に中古PCを従業員に販売するのではなく、社内のイベントの1つとして、参加するメンバーも参加しないメンバーにもイベントの盛り上がりが伝わるような、また総務・労務チームも企画や準備段階で楽しめるくらい、気合を入れてイベントづくりに取り組んでいたようです。ぜひ開催時のようすをご覧ください!

第1回開催のようす

お店同然の展示がオフィスに出現!?

まず最初に、購入希望者が実際に商品を確認できるよう、オフィスの会議室の一室に商品が陳列されました。外装に傷・凹み・画面や全体的に汚れがないか、附属品(充電器)があるのかどうかなどの確認が肉眼でできますが、陳列には総務・労務チームのこだわりが...!
購入希望者が確認の段階でさえ日常のショッピングのように楽しめるよう、まるでApple Storeのように美しく陳列しました。

値段やスペックについての記載も、なんとお店の値札のよう!これは本当に中古店でお買い物をしているようで、ついテンションが上がって会社の中古PCだということを忘れてしまいます...

付箋などで簡単に貼り付けても良かったのですが、担当した総務・労務チームのYさんは、やるならとことんやるぞ!と、従業員のみんなが喜んでくれることを想像して、ワクワクしながら準備をしてくれていたそうです。

大盛り上がりの抽選会

購入希望者は欲しい商品を選んだら、専用のスプレッドシートに名前を記入していきます。
その結果希望がかぶってしまった商品をめぐって、今度は購入権をかけた厳正な抽選会を開催!抽選会は遠方のメンバーや今回は購入しないというメンバーも気軽に参加できるよう、オンラインでオープンに行いました。オンラインツールのルーレットがくるくる回るようすを固唾を飲んで見守り、結果が出たら大騒ぎ!と、大盛り上がりの抽選会となりました。
「今回は抽選に外れてしまったけど、抽選会自体が楽しかったので、次回も参加します!」という声が出るほど!総務・労務チームの想いのおかげで、従業員は”まっくる”というイベントを十二分に楽しめていたようです。

実際の抽選会のようす。当選者は思わず両手を挙げてガッツポーズ!

購入者の声

学生として頑張っている妹にプレゼントするために購入、私用の古いMacBookを新しいものにリプレイスするために購入、など購入の用途は人それぞれで、中には複数台購入したメンバーもいたようです。
めでたく購入者の1人となったMさんは、家族で使用しているPCが1台しかなく、自分専用のPCが欲しかったんだそう。また、業務ではWindowsを使用しており、以前よりMacに憧れていたことから一度使ってみたい!と購入を決めました。Mさんは入社してすぐに”まっくる”が開催されることを知り、イベントの開催自体はもちろん、入社してすぐのメンバーも参加できることから「なんて良い会社に入ったんだろう...!」ととても嬉しい気持ちになったそう。

“まっくる”のその後

社内アワード受賞

担当した総務・労務チームのYさんは、この価値あるイベント”まっくる”を実現させたことで、SDGs観点での貢献、また会社のコアバリューの1つである「Team Grooves*」に大きく貢献したとして、全社員が参加する月初MTGにてその取り組みについて讃えられました!

*グルーヴスが大切にしている3つのコアバリュー。
成果にこだわる・Team Grooves・革新に挑む。

実際の月初MTGのスライド。素晴らしい取り組みと功績は、きちんと全社員に共有します

また、Yさんはグルーヴスの表彰制度*にて、見事「Team Grooves」部門で「Award of Excellence」(MVPには選ばれなかったものの、コアバリューを遵守し、高い成果をあげ、価値提供した個人に優秀賞として贈られる賞)を受賞しました!
Yさんの「従業員に楽しんでほしい」「従業員を喜ばせたい」という想いでイベント企画・実施にとことん取り組んだ成果が讃えられ、全社的にも評価される、そんなカルチャーがグルーヴスにはあります。

*半期に一度、それぞれのコアバリューに対して最も貢献した社員にMVP賞が贈られる制度

スピンオフ企画”ぐるりんピック”

“まっくる”が大好評だったため、スピンオフ企画として立ち上がったのがこの”ぐるりんピック”。”まっくる”の中古PCに代えて、今度は冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品、オフィスチェア、キーボードなどのPC関連機器、カメラなどの中古品(中には3升分の餅がつける餅つき機などレアなものも!)を販売しました。

ネーミングの由来は、「グルーヴス」+「オリンピックで」で、夏に開催するオリンピックにちなんで名付けられました。オリンピックは4年1度、”ぐるりんピック”も何年かに1度の開催です。
オフィス美化や整頓の観点もありますが、”まっくる”の時と同じく「従業員のために」「物を大事にしよう」という想いでの実施となりました。
”ぐるりんピック”は中古PCではなく、さまざまなジャンルの中古品の販売となったため、値段設定や陳列、値札作りなどに手間がかかるだけでなく、従業員のニーズがあるのか不安もありましたが、結果、ほぼ引き取り手が決まり、大成功を収めました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?グルーヴスは「Crowd Agent(クラウドエージェント)」と「Forkwell(フォークウェル)」という2つの事業を展開しており、日々顧客と向き合い、それぞれの事業を担うメンバーがいますが、それを支え、従業員が快適に、楽しく働けるように尽力しているメンバーも働いています。
今回ご紹介した”まっくる”やスピンオフ企画の”ぐるりんピック”のように、グルーヴスにはメンバーが気持ちよく前向きに働き、高い成果が生み出せるよう社内の取り組みや制度、福利厚生の充実を目指しています。
ご興味のある方は、他の取り組みや制度についてもぜひチェックしてみてくださいね。


グルーヴスでは新しいメンバーを広く募集しています!
オンラインでの面談も実施していますので、少しでもご興味をお持ちいただきましたらお気軽にご連絡ください!お会いできるのを楽しみにしています!


この記事が参加している募集

#SDGsへの向き合い方

14,828件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!