マガジンのカバー画像

プロダクトチーム

23
Groovesのプロダクトチームの書いた記事です。
運営しているクリエイター

記事一覧

宮古島に移住したITエンジニアの本音 QOL爆上がり&自由な暮らし

こんにちは。Grooves+ 編集部です。 「大きな家で犬を飼いたい、自然と暮らしたい」そんな思…

インハウスデザイナーが戦略フェーズから関わるための2つのこと

インハウスデザイナーの増渕です。 今日は、入社半年のインハウスデザイナーが戦略フェーズか…

デザイナー視点でフォークウェルを運営するチームを紹介してみた

初めまして! フォークウェルでプロダクトデザイナーをやっている横田です。 この記事は、フォ…

奇跡のベンチャーを探せ!それが自分にとってはグルーヴスだった

こんにちは!grooves With編集部です。 今回は、グルーヴスが展開する、ITエンジニア向けのス…

自社エンジニアの転職を支援したマネージャーの体験談

※本記事は、筆者が2020年10月7日にZenn に投稿した記事を、一部リライトしたものです。 この…

akira.akagawa
2年前

リモートワークでチームが幸せになるために心がけていること

#リモートオフィス こんにちは、株式会社grooves(Forkwell)でプロダクトデザイナーをしてい…

711fumi
2年前

Awwwards Conference Tokyoの運営ボランティアに参加してきた。

なぜ行きたかったのか?プロダクトマネージャー(PM)の大先輩の教えによれば、「PMはビジネス・テクノロジー・デザインという三つの視点をアップデートし続ける必要がある」ということで、デザインのこともっと知らねば!と思っていました。 それに、日々社内のプロダクトデザイナーさんと一緒に、UXリサーチをしたり、プロトタイプを作ったりしているわけですが、もっと自分が貢献できるようにならねば、という気持ちもありました。 ということで、「じゃあ学ぶなら、デザイン界隈の最先端はどこだ?」

スキ
17
有料
500

越境して拓く、デザイナーの未来

はじめまして。 株式会社 grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナーをしている、かわしま…

【中途採用】ITエンジニアとのコミュニケーション術

こんにちは。Forkwell(フォークウェル)の瀧口です。 ITエンジニア採用を成功させる条件の一…

デザイナーが1→3人に増えて、見えてきた属人化課題

こんにちは。株式会社 grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナー(UIデザイナー)をしてい…

使えない機能をデザインしてしまったことからの学び

こんにちは。株式会社grooves(グルーヴス)でプロダクトデザイナーをしているイハラです。 私…

会社の長期休暇制度を活用して見えた、ライフワークバランスの話。

Grooves(グルーヴス)にてエンジニアとして勤務しているKと申します。2022年8月で、グルーヴ…

Groovesは子育てしながら働きやすい?エンジニアリングマネージャーのリアルを聞いて…

こんにちは! グルーヴス エンジニアの福井です。 みなさんの身近に子育てしながらエンジニア…

メンバーは何を語る?フォークウェル10周年キックオフをレポート!

こんにちは。Grooves With 編集部です。 今年の4月でサービス誕生から10周年を迎えたForkwell(フォークウェル)。 先日10周年企画として、フォークウェルグループメンバーが参加したキックオフ「Forkwell 10th KICK OFF MTG ~未来のフォークウェルを考える日~」が実施されました! 今回はキックオフの様子をお伝えします! 10周年になぜキックオフをするのか?10周年企画といえば、過去10年を振り返りこれまでを讃えることが多いと思います

スキ
32