マガジンのカバー画像

デザイン戦略室

21
株式会社grooves(グルーヴス)デザイン戦略室のマガジンです。デザイン戦略室がどんな組織か、どんな取り組みをしているか、などの情報を発信していきます!
運営しているクリエイター

2022年11月の記事一覧

デザイン戦略室の立ち上げから、これからGrooves(グルーヴス)が目指したいデザイン組織とは

こんにちは!デザイン戦略室の濱谷です。 デザイン戦略室は、グルーヴスの中でも組織として独立した立ち位置にあります。その要である、増渕ゼネラル・マネージャーに、入社の経緯から、デザイン組織の立ち上げ、これからの課題など話を聞きました。 グルーヴスは社会課題に本気で取り組む会社だと思い入社ーー増渕さんは、入社は何年でしたか? 増渕:2020年の5月です。グルーヴスは転職エージェントに紹介してもらって、入社しました。私から、転職エージェントには、社会課題を解決するような事業を

リンダ・グラットンさんの新著「リデザイン・ワーク 新しい働き方」をデザイン・マネージャー視点でレビューしてみた【ステップ1 理解する編】

目次を見たときに「あ、デザイン思考だこれ」と思いました。 こんにちは、株式会社grooves(グルーヴス)のデザイン戦略室のゼネラルマネージャーのますぶちです。 「リデザイン・ワーク 新しい働き方」は働き方をリデザインする手法を紹介した本です。デザイナーとしてものすごく共感したので、デザイナー視点で感想を書いていきます。 私なりの解釈新しい働き方は、画一的なものではなく、自社のカルチャーと、はたらく人とニーズや欲求、テクノロジーの3つを考慮して、自社ならではのモデルをつく

Groovesはこの度、『Designship 2022』に協賛します!デザイナーによる社内MVP賞金の意外な使い道。

こんにちは!株式会社grooves(グルーヴス)でBX(ブランドエクスペリエンス)デザイナーをしているたまだです。 グルーヴスはこの度、日本最大級のデザインカンファレンス『Designship 2022』にスポンサーとして協賛することになりました。なぜ、今回協賛をするのか?その想いについて、まとめていきたいと思います。 デザイン組織を生み出してから、2年。グルーヴスは、求人企業・人材紹介会社向けクラウドサービス「Crowd Agent(クラウドエージェント)」と、ITエンジ