Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア
【中途採用】ITエンジニアとのコミュニケーション術
見出し画像

【中途採用】ITエンジニアとのコミュニケーション術

Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア


こんにちは。Forkwell(フォークウェル)の瀧口です。

ITエンジニア採用を成功させる条件の一つとして、人事とITエンジニアのコミュニケーションが上手く取れていることが挙げられます。

勿論、双方の歩み寄りがあってこそ成功しているのですが、今回はITエンジニア出身ではない人事の方向けに、ITエンジニアとのコミュニケーションのコツについてお話します。
※対ITエンジニアに限らず活用出来る技術・心構えでもあります!

1. HRT(Humility, Respect, Trust)を意識する

恐らくWeb界隈に属するITエンジニアであれば多くの方が心構えの指針としている書です。チームの在り方や構築に関する実践的な書となっていますので、是非読んでいただくことを強くオススメします。

そして、この名著の中でも至極の知見となっているのが下記の「HRTの原則」です。少し引用します。

「HRTの原則」

 ■謙虚(Humility)
世界の中心は君ではない。君は全知全能ではないし、絶対に正しいわけでもない。常に自分を改善していこう。

■尊敬(Respect)
一緒に働く人のことを心から思いやろう。相手を1人の人間として扱い、その能力や功績を高く評価しよう。

■信頼(Trust)
自分以外の人は有能であり、正しいことをすると信じよう。そうすれば、仕事を任せることができる。

この3つを合わせて「HRT」と呼びたい。
読み方は「ハート」だ。
痛みを軽減するものだから、苦痛の「hurt」ではなく、心の「heart」である。
(参考文献:著書 Team Geek)

これは、Google のITエンジニアも最高のチームを作る為に実践しています。

正直、基本的なことかと思われるかもしれません。
ですが、コミュニケーションは基本的なことの積み重ねです。
HRTはコミュニケーションの基礎に立ち返る為の旗印となります。
是非、今日から意識して実践してみましょう。

2.「課題」と「論点」を明確にすることを心がける

HRTを意識しつつ、実際のコミュニケーションでどのような点に気をつければよいでしょうか。

結論から言うと、課題や論点を明確にすることです一般的なビジネスの現場でも必要なことですが、あまり意識せずにコミュニケーションをとっている方が多いのではないでしょうか。

ITエンジニアは業務において、課題を1つずつ解決します。そのため、課題・問題を明確にした会話を心がけましょう。

画像1

例えばダイレクトリクルーティング活用において、人事の工数が不足している際、求職者の気持ちを理解しやすいITエンジニアにスカウト送信を依頼することがあるかと思います。

その時、こんな相談の仕方をしていませんか?

「スカウトを送る工数をあまり取れておらず、返信率も媒体平均を下回っている状況で改善が必要です」

このような尋ね方は、
・スカウトを送る工数が確保出来ていない
・返信率が媒体平均を下回っている
という2つの課題が混在した聞き方になってしまっており、「課題や論点を明確にできていない」聞き方になります。

対して、
「課題や論点が明確になっている」というのは、下記のように端的に物事を伝え、疑問点をクリアにする聞き方です。

「ダイレクトリクルーティングでITエンジニアが採用できていない理由として、スカウトを送る工数が確保出来ていないという問題があります。」

こうすることでITエンジニアとしても課題が把握でき、上記の解決の相談に対応し易くなります。

3. テキストコミュニケーションを積極的に活用する

HRTを意識し、いざ話しかけよう!と思っても、「集中してコードを書いている手を止めるのは心苦しく話しかけにくい…」というお悩みをお持ちの人事の方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時には、テキストコミュニケーションを上手く活用しましょう!
非同期コミュニケーションであれば、相談を受けた側は自分のタイミングで返信できますし、ログが残ることで他メンバーにも情報共有できるメリットがあります。同期コミュニケーションを希望する場合も、まずは非同期で空いている時間に会話したい旨を相談してみましょう。業務内容だけではなく、雑談レベルのコミュニケーションをテキストで取ることによっても距離が縮まるかもしれません!

テキストコミュニケーションをする際も同様に、HRT・課題・論点を意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コミュニケーションの失敗の多くは情報と理解の不足が原因です。
まずは相手のことを理解しようとする姿勢が何よりも大事だと言えます。

人事とITエンジニアに良きコミュニケーションが芽生えれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【一緒にはたらく仲間を積極採用中!!】

グルーヴスでは、様々なポジションで積極採用を行っています。
まずは面談からのスタートも可能ですので、少しでも気になった方は、以下よりエントリーをお待ちしております!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア
株式会社groovesです。『より良い未来への「きっかけ」を提供する』というミッションを掲げ、豊かで幸せなヒトの未来に貢献したいと考えています。 私たちは、これまで多くの求人企業様の採用課題を解決してきました。 皆さまの中途採用に少しでもお役立ちできる情報を発信できると幸いです。