新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

グルーヴスのママ・パパ達が楽しく育児・仕事に取り組める環境づくりまとめ

Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア

 「はたらくヒトと、未来を拓く。」をビジョンに掲げるグルーヴスでは、さまざまな状況・職種で働く人たちが、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。そんな取り組みの1つである、ワーキングママ・パパのための環境づくりについて紹介します!

画像1

 グルーヴスでは、2021年8月女性メンバーの比率も50%を超え、男女比率がほぼ半々となっています!
さらに、働くママ社員が15名、パパ社員が14名在籍し、女性の産休育休取得率100%(2021年8月時点)のグルーヴスは、働くママも増え、子育てについて盛り上がっている光景をよく目にします♪ 少し前には「子供の夏休みが始まって大変だ〜!」なんて声も聞こえてきました、、、!

■妊娠〜復職までを支える6つの新制度(2021年1月導入)
 家庭と仕事を両立させている女性社員の意見により、新制度が加わりました!新制度には、出産経験のある女性社員との面談や1日数時間から出勤日時を調整できる復職慣らし期間制度、育児休業早期復帰支援金等が導入されています。

新制度に関する記事はこちらをご覧ください!


緊急事態宣言中に産まれた子育て家庭のための特例ルール
 コロナ禍の特例の制度として、学校・保育園独自の判断で閉鎖となった、もしくは、自主的に子供を預けることを中止したなどの事情によって、自宅で子供を世話をする必要が出た場合、朝5時から夜22時の間で自由に勤務できるよう制度内容を変更。
 自宅にいながら好きな時間に業務ができ、さらに勤務時間中に複数回の中抜けができるため、子育て中の家庭でも、食事の準備や育児を行いながらフルタイムでの勤務を実現可能となりました!

*従来「育児のための時差出勤制度」として、通常朝9時55分から夜18時55分までの勤務時間を、朝5時から夜8時55分までの間で任意の9時間(うち1時間休憩)に変更できる制度を定めていましたが、緊急事態宣言下において、時間の延長を実施。

グルーヴスで働くママ社員のインタビュー記事はこちら!


■働くパパも、育児と仕事を両立し、ワーケーションも実践
三児の父である、グルーヴス取締役の田中は、WorkTech を活用し、仕事・育児との両立、ワーケーション実践といった、未来を拓く新しい働き方への挑戦をしています。
田中の業務カレンダーには、「子供背負う」といったスケジュールが入っていることも!MTG中には、実際に子供を背負っている微笑ましい姿も見れちゃいます!笑

そんな日々の様子を、テレビ東京「My Fresh Life」で取り上げていただきました。そちらの記事がこちらです!


田中のTwitterもぜひチェックしてみてください↓


■出産・育児を楽しみながら、働きたいあなたへ

グルーヴスでは現在、広報室、人事や経営企画、セールス、デザイナー、エンジニア、新卒...とさまざまな職種で採用活動中です!

仕事と家庭を両立したい、女性としてのキャリアプラン実現したい、新しい働き方のR&Dに興味がある...という方はお気軽にWantedlyからご連絡ください。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Grooves+<プラス>|株式会社grooves公式メディア
株式会社groovesです。『より良い未来への「きっかけ」を提供する』というミッションを掲げ、豊かで幸せなヒトの未来に貢献したいと考えています。 私たちは、これまで多くの求人企業様の採用課題を解決してきました。 皆さまの中途採用に少しでもお役立ちできる情報を発信できると幸いです。